転職しようとしない旦那の本当の理由はこれ!不安を煽って転職させる方法

転職しない旦那をなんとか転職させたいけど…

・転職について話すと、文句の家になったり喧嘩になってしまうんだよね
・このままだと浮きもないから不安で仕方がない
・転職しようとしない旦那をどうやってサポートすればいいの
・転職しようとしない旦那の原因がわからない
・このまま子供が大きくなっていくと、よりお金がかかってくるようになるので不安

と、お悩みではないですか?

確かに、給料が少ないので旦那が転職しないままであれば、貯金もできないのでとっても不安ですよね。

実はその不安は、かなりの高確率で的中する可能性があります。

だって、旦那の給料が少なくて、貯金もほとんどできないでしょ・・・。

となってくると、急な出費に対してもなかなか対応しづらいですよね。

そのような場合、どこかのタイミングで「借金」手を出してしまう可能性があります。

銀行のカードローンであったり、消費者金融のキャッシングサービスであったり…このような借金に手を出ししまうと、あとはもしかしたら、「借金を返した目に新しい借金を作る」と言った感じで、家計が自転車操業になってしまう可能性もあります。

だって、旦那の給料が少ないのでなかなか貯金ができないでしょ。

そうすると、借金を返済するための収入さえも確保できていない状態なので、先程も言ったように「借金を返しために新しい借金を…」と言った感じなってしまう可能性は非常に高いですよ。

そうならないためにも、できるだけ早い段階で手を打っておきたいのですが・・・旦那がお金に対して無頓着、というか、あまり家計のことを気にしてない場合もあります。

「家計をやりくりするのは妻の仕事。なので余計な口を出すと喧嘩になったりするので、なるべく口を出さないようにしている」

といった感じで考えている旦那さんも多いので、そういった旦那さんに、現状を把握してもらってより高い収入を得ることもできる会社に転職してもらおうとするのは、ちょっと難しいかもしれません。

(まあ、家計のやりくりに口を出されるのもめんどくさいのですが…。)

ですが、なるべく早めに何とかしなければ、何かのキッカケでつまずいてしまうと、「借金を返すために新しく借金をしなければならない…」といった状況に陥ってしまうので、何とかしておきたいところ。

そこで本日は、転職しようとしない旦那に、転職を考えてもらうための方法を紹介していきますね。

最初にすることは、家計の現状を旦那に知ってもらうこと

「転職して欲しい!」旦那にどれだけ言っても、旦那がなかなか転職に前向きにならないのであれば、感情論で言い合ったりしても、最終的には文句の嫌になったり喧嘩になったりしますので、これは避けてはおきたいところ。

最悪の場合、離婚に繋がる可能性がありますからね。

しかしながら、「転職して欲しい」と、何回も旦那に意見を言ってもなかなか聞いてもらえないのであれば、ちょっと視点を変えて対応してみることをおすすめします。

その方法は、旦那に現状を知ってもらうこと。

旦那がなかなか転職しないのであれば、それはもしかしたら、旦那が家計や貯金の現状を把握ししきれていないからなのかもしれません。

なのでまず第一に奥さんがすることは、「旦那に現状を把握してもらうこと」ここから始めてみてください。

といっても、難しいことではなく、とても簡単なことですよ。

わかりやすく言うと、1ヶ月における収入と支出を見える化して、旦那に見てもらうことです。

ということで用意するものは、A4サイズの紙を一枚と鉛筆、たったこれだけ。

用意した紙を半分に折って、左半分に、1ヶ月における収入を書いてみましょう。

・旦那の給料(○万円)
・奥さんのパート代(○万円)

こんな感じで、1ヶ月に家庭に入ってくるお金を一覧にしてみて書いてみてください。ボーナスがあるのであれば、ボーナスは、12で割って1ヶ月分に直して買い切りましょう。

そうすると、1ヶ月に家庭に入ってくる金額が見えてきますね。

そしたら次は、紙の右半分に1ヶ月に家庭から出て行くお金を一覧にして書いてみましょう。

・アパート代、家賃(○万円)
・車のローン代
・銀行のカードローン
・消費者金融のキャッシングローン
・家族の生命保険代
・家族のスマホの料金
・ネットの通信料
・食費
・生活費
・その他請求されているもの

などなど、探せばまだまだいろいろ出てきそうですね。

1ヶ月支払う金額の一覧を作ってみることで、改善できるものが見えてくると思います。

例えば、家のローンや自動車ローンに関しては、毎月一定額支払わなければならないですが、スマホに関しては格安スマホを使うことでもっと節約できたり、食費に関しては、もう少し節約できるかな…といった感じで、1ヶ月の支出に関しては、改善できるものと改善できないものに分けることができると思います。

ですがまだ改善はしないでください。改善の準備だけ・・・。

とりあえずは紙に1ヶ月の収入と支払いに関してを書き出してみるだけにしておいてください。

そしてその紙をどうするかといえば、旦那に見てもらって、現状を把握してもらうことです。

改善するのはここから。

先程書いた紙を旦那に見てもらうことで、旦那さんをもしかしたら、節約するためのいろいろな意見を持ってるかもしれませんね。

先程も言ったように

・スマホは格安スマホに
・食費やもう少し何とかなりそう
・お小遣いは少し減らしてもいいよ

みたいな感じで旦那の方から何かしら意見が出てくると思いますので、紙に書いたものに関しては必ず旦那と一緒に見るまでは改善しないでいてください。

ここで大切なポイントは、「旦那の意見を引き出す」ことと、「旦那を巻き込むこと」なんです。

旦那さんと奥さんはもちろん夫婦なので、苦労もともにするしお金も共有してるものなので、できるだけだなと一緒に解決していくことが重要になってきます。

奥さんだけ不満に感じていろいろ行動してみても、なかなか解決しないので、できれば旦那さんにも奥さんが感じている不満を一緒に感じてもらって解決してもらう方が早いですよ。

なので、紙に書いて一緒に話し合う、といった方法を毎月続けてみてください。

そうすることで旦那さんはだんだんと、危機感を感じようになりますので、そうなればしめたもの。

もしかしたら、不安になった旦那さんは危機感を感じて自分の方から「転職した方がいいのかな」なんて言い出すかもしれません。

そういうふうに仕向けることが、ストレートに「転職して」と旦那さんに言うよりも本当に重要なことではないでしょうか?

旦那さんが家計に対して危機感を感じて転職を考えるようになったら、今度は奥さんがそれを応援してサポートしてください。

例えば、「少しの間無職になるかもしれないけど、3ヶ月ぐらいであれば貯金もあるから何とかなるよ。」みたいな感じで。旦那さんのやり方を否定せずに伸ばしていく方向で旦那さんをサポートするのであれば、旦那さんも旦那さんも転職する決意を固めるのではないでしょうか?

なので、もう一度言いますが、旦那さんに転職をして欲しいのであれば、ストレートに「転職して」というよりも、まずは旦那さんを家計に巻き込んで旦那さんを教育していくこと、そして旦那さんに危機感を持ってもらって「このままでは不安だ…」と考えてもらうことが重要になってきます。

ストレートに話して、嫌になったり喧嘩になってしまうのは逆効果ですので、それよりも、応援したりサポートしたりといった方向で考えてみてはいかがでしょうか?

あなたの成功をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする