旦那の給料少ない!転職の話で喧嘩になるのであれば、この解決方法が効果的!

旦那の給料が少ないけど…

・満足した生活費がないので貯金もできない
・これから子供が大きくなっていくとお金がかかるから不安…
・できれば転職してほしいけど、本人は現状維持のほうがいいみたい
・ボーナスも雀の涙で期待できない
・生活費や食費を節約しても貯金ができない
・今回もまた喧嘩にになって文句の言い合いになった

と、お悩みではないですか?

確かに、旦那の給料が少ないと、食費や生活費などをうまくやりくりして節約したとしても、もともと家庭に入ってくるお金が少ないので、限界がありますよね。

あと3万円あれば、どんなに生活が楽になるか…

って、考えている主婦の方も少なくありません。

これから子供ができたり、子供が大きくなっていくにつれ、増田損なうかかるようになってきますので、できれば早い段階で、お金のことに関しては、解決しておきたいところ。

とはいえ、給料の少ない旦那が、転職して仕事を変えること嫌がっているので、なかなか根本的な解決策には至りませんよね。

そういった旦那は、「あなたがどれだけ食費や生活費などをうまくやりくりして節約しているのか」とか「これから子供が大きくなるのにどれだけお金が必要なのか」とか「老後のために今のうちにどれだけ貯金をしておかなければならないのか」といったことが全然わかってない場合もあります。

そうなってくると、まずは、旦那に現状の年収と希望の年収のギャップを教育するところから始めなければなりませんよね。

こうなってくるとちょっと面倒くさい・・・。

ですが、一発でわかりやすく、旦那に今の現状をしてもらう方法もありますよ。

ということで本日は、給料が少ないけれど、転職したがらない旦那に、現状において、どれだけお金が少ないのかを把握してもらう方法と、それでも、転職しないときに効果的な裏ワザを紹介していきますね。

まずは旦那に現状を知ってもらう

奥さんが生活費や食費などをうまくやりくりして節約している中で、旦那はそういった奥さんの見えない努力を、あまり気にかけてない場合があります。

そうなってくると、奥さんがどれだけ「転職して給料をもっと上げてほしい」といっても、効果がないのは、今までの経験からわかると思います。

時には、文句の言い合いになって喧嘩してしまったり…なんて場合もあったかもしれませんね。

とはいえ、それは旦那の給料や貯金に対する理解の不足から起きてしまったことなので、奥さんはあまり気にする必要がありませんよ。

とはいえ、今の現状は早急に何とかしなければなりません。

もしかしたら、「毎月毎月ほとんど貯金ができない」なんて場合であれば、これは、借金生活への入口である可能性が高いからです。

毎月毎月貯金ができないと、「急に必要になってきた出費」に対して対応ができなくなってしまいます。

例えば、「検査入院したり」だとか「大きな家電が壊れたから買いなおしたり」だとか「急なお葬式でお金が必要になった」だとか…。

こういった、急なアクシデントによる出費に対して何も対応できないようなら貯金額でいると、結局の所、借金をしなければならなくなります。

借金を返すために新しい借金をする…って感じの生活になってしまいますので、そうなると借金が増えるの早いですよ~。
(借金を返すための収入がそもそも少ないですからね。)

そうならないためにも、できるだけ早く今の現状を変えていかなければなりません。

そこで効果的なのが、まずは今の現状を紙に書き出してみることです。
(収入と支出の見える化、ですね)

大きな紙(A4ぐらい)を用意して半分に折りましょう。

そして左側に、毎月家庭に入ってくるお金を細かく書いていきましょう。

・旦那の仕事運の給料(○万円)
・奥さんのパートの給料(○万円)

ってかんじで、一旦紙に書いてみてください。

この辺は大ざっぱでもいいですよ。もしボーナスがあれば、それを12で割って、毎月の収入にして、一旦紙に書いて見えるようにしてみてください。

それができたのであれば、次は右半分に毎月支払いなので出て行ってしまう金額とその内容を書いてください。

・アパート代、家賃(○万円)
・光熱費(○万円)
・自動車のローン
・住宅ローン
・スマホ代
・食費
・生命保険代
・子供の教育費
・ネットの通信費
・ガソリン代
・旦那の小遣い

などなど、探せばもっとありそうですね。

そんな感じで、収入と支払いの見える化をしてみることで、お金に対する今の現状の理解度が違ってくると思います。

そんな感じで一覧にしてみたら、今度はそれを旦那に見せてみてください。

そうすることで、今家庭に何が起きているかをしっかりと旦那が理解すると思います。

この時に、まだ「転職」の方向では話さないほうがいいと思います。

いきなり転職について話してみても、文句になったり喧嘩になったりしてしまうのであらこの段階では、転職についてはあまり触れないでおきましょう。

それよりも、旦那にアイデアを出しもらう方向で旦那を巻き込んでみてはいかがでしょうか?

例えば、旦那が外回りの仕事なのであれば、仕事ついでに、安いガソリンスタンドを探してもらったり…、とか、旦那の一人暮らしの経験を生かして節約レシピを考えてもらったり…とか、いろいろ方法はあると思います。

そんな感じで徐々に巻き込んでいってみてはいかがでしょうか。

毎月、月末にその月の集計を出して、話し合う時間を1時間でも取ることができれば、もっといいかもしれませんね。

なんにせよ、この段階では「給料が安いから転職して」とは旦那に伝えずに、「今ある給料でどうやったりうまくやりくりできるか」という方向で、旦那を巻き込んでいきましょう。

そうやって、徐々に旦那を巻き込んでいくことで、旦那の中に危機感が目覚めるのを待ちましょう。

うまくいけば、半年ほどで効果が出てきますよ。

節約しても限界があることを知ってもらう

毎月毎月、収入と支出に関して紙に書き出してみて旦那を巻き込んでアイデアを出してもらうことで、旦那は気がつくと思います。

「節約してもう限界がある」ってことに。

だってそうでしょ。

節約というのは、今あるお金をうまくやりくりして、なるべく安く済ませること、なので、どんなにうまくやりくりしても、旦那の給料以上にはお金が残らないようになってきます。

なので、紙に書いて現状を旦那に理解してもらう、という作戦は、言い換えれば、奥さんがどんなに努力して節約敏ても旦那の給料以上の生活はできない、ということを旦那にしてもらうための作戦なのです。

で、半年をそういうことを繰り返していると、よほど鈍い人ではない限り「収入の壁」があることに気が付くと思います。

そこに旦那が気づいてから、「もし転職を考えるのであれば、3ヶ月ぐらいであれば、無職の期間があっても大丈夫だよ。」みたいな感じで話しかけると、文句を言い返されたり喧嘩になったりせずに、うまくいく場合が多いです。

なので転職について話し合うのは、ある程度旦那が今のままでは給料が少ないってことに気づいた段階で初めて話してみてくださいね。

あなたの成功をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。